Sumiko Tajihi / violin

YouTube

Violinist Sumiko Tajihi has been acclaimed widely for her, “Every single bit of tune Sumiko creates is like human voices”, (La stampa/Italy) “not only passionate tone but full of warmhearted…” (Western Journal/Japan) She appeared as a concerto soloist with New York Symphonic Ensemble at Isaac Stern Auditorium in Carnegie Hall on March 11th, 2007.

A native of Yamaguchi, Japan, Ms. Tajihi received her bachelor’s degree from The Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music in Nagoya, and was the first prize  winner with a special prize from the president of music association in the 12th Youth Competition in Yamaguchi prefecture. Between 1996 and 2000, she had performed as a member of the Hiroshima Symphony Orchestra, and participated in the 46th Bayreuth Festival in Germany and the Aspen Music School and Festival in Colorado, USA. She studied with Momoo Kishibe, Yoshiko Okayama, Naoko Tanaka and had trained with Ronald Copes at Juilliard.

Ms. Sumiko Tajihi has given numerous performances extensively as a soloist with San Luis Potosi Symphony Orchestra (Mexico), Shanghai Chamber Orchestra (China) and as a chamber musician throughout the United States, Europe and her native country. In 2004, she was invited as a soloist for the International Music Festival “Velia Festival” in Italy. In 2005, she was invited again by several International Chamber Music Festivals in Italy and toured through Italy from Sicily, Salerno, Naples, Bologna to Milan. The debut recital at Weill Recital Hall in Carnegie Hall in 2006 was succeeded. She appeared as a soloist on the world greatest stage; Stern Auditorium at Carnegie Hall again, and performed Violin Concerto No.1 in G minor with New York Symphonic Ensemble in 2007. The concert with Orchestra del Conservatorio Duni di Matera at Berlin Philharmonic Hall in 2013 was broadcasted by TRM, Italian radio television.

Since 1995, Sumiko Tajihi has been organizing the school concert every year with her friends. The school tour is programmed to appreciating to a live classical music, learning the structure of musical instruments and experience to play self-expression for children. In 2004, her volunteer effort at Henry Viscardi School was broadcasted on News 55 – WLNY.

Sumiko-600pix
多治比純子, ヴァイオリニスト

2002年4月、ニューヨークにて初公演を開催。ジュリアード音楽院にて室内楽コースに参加。
2004年8月、ソロ奏者としてイタリアの国際室内楽音楽祭「Velia Festival」へ招聘される。好評を得、2005年再び「Velia Festival」をはじめとしたイタリア各地の音楽祭「XIII International Chamber Music Festival “MUSICA in Irpinia”」「8th Festival Internazionale di Musica dall’ Europa」に招聘された。その際San Luis Potosi Symphony Orchestra(Mexico)と共演する。 2006年3月10日にはカーネギーホール(New York)にてソロリサイタル開催。ボローニャ、ミラノ、ナポリ、シチリア、(Italy)、バルセロナ (Spain)、東京など、世界各地にツアーをする。 2007年3月11日、カーネギーホール大ホールにてNew York Symphonic Ensembleとブルッフ作曲ヴァイオリン協奏曲第1番を共演、その模様をフジテレビ「めざましテレビ」にて全国放映された。
2008年、日米両国においてCDをリリース。ルーマニアにて、バカウ交響楽団と共演。
2010年より、ジャズプレーヤーとのコラボレーションを始め、BB King Theatre in NYへの賛助出演や、 Band “Mandrill”のレコーディングにも参加。クラシックだけでなく、ジャンルを超えた演奏活動を展開している。
2012年4月、ナポリ、アヴェリーノにてマテーラ室内楽団と共演、同プログラムをカーネギーホール(New York)にて再演。2013年、カーネギーホールにてソロリサイタルを開催。
2014年4月、ベルリンフィルハーモニーホール(ドイツ)にて、マテラ室内楽団とバッハのコンチェルトを共演。公演は、イタリアにライブ中継された。6月、カタリーナ・グルスカ音楽アカデミー教授(スペイン)の作曲家、ジュゼッペ・デバスタート氏に東北地方太平洋沖地震犠牲者の追悼曲「千羽鶴ファンタジー」の新作発表を委託、“津波バイオリン”を使用して、カーネギーホール、イタリア文化協会ホール(東京)にてチャリティーコンサートを行う。
また、日米両国において音楽を通してのボランティア活動にも力を入れて継続しており、「Henry Viscardi養護学校」(Long Island, NY)での活動を2004年12月「WLNY局 News55」にて放映された。現在、New York在住。
愛知県立芸術大学音楽学部器楽学科 弦楽器専攻卒業。89年山口県TYS学生 音楽コンクール第1位・山口県音楽協会長賞受賞。96年、ドイツにて、バイロイト国際青年芸術祭に参加、特別演奏会に出演。97年、山口県新人演奏会に出 演。98.99年と続けてアメリカのアスペン音楽祭に参加・修了。 岸辺百百雄、岡山芳子、田中直子、ロナルド・コープスの各氏に師事。